次の”一手”が次々に浮かぶ!

和みがき経営_決算書

実績

和をみがく経営決算書で、数字を変え、人を変え、
経営を変えることができます。

数字が変わる

・粗利率が+15%(しかも売上高は一切変わらず)

・最終利益が前年比250%

・新規顧客が200%に増加(月間ベース)

(そのために、「お客様の声を聞かずにお客様の声を聞く方法を使用。
お客様の声(アンケートetc)を聞かなくても、お客様の気持ちが分かる
マーケティングができます。)

・上得意のお客様が150%増
(新規客ではなく、何度も買ってくれる、上得意のお客様も増加)

 

人が変わる

・2代目が本当の”経営者”に
「戦略?計画?必要なんですか?」とか「数字とかデータって、よく
分からない」という方が、ほんの数ヶ月で、

戦略的な考え方を身につけ、自らで具体的な打ち手で考え、
次から次へと実行できるようになりました。
今まで全くしてこなかった、自社での分析データやマーケティング
データが入ったPCは「もう手放せない」と。

・接客の考えや態度が180°変わる
それまでは(どちらかというと)「お客様にいかに売りつけるか」
「なんだ、また買わないのか?」という方が、

「最近、お客様の顔を見ると、とても笑顔で接客できるように
なったんですよね(笑)」と。

経営が変わる

・抜本的な戦略の転換
これまでリアルではなくWeb販売を主としていました。
ところが、その社長は「自分の本来の特性」に気づき、
大きく180°、戦略の方向転換を図りました。

Web販売の”その時限り”のおつきあいでなく
「お客様と密接におつきあいする」「最低、三回は何らかで密に
コンタクトをとる」と言って、日々、訪問の形に。

安易な値下げでは無く「粗利」重視路線に転換。

 

・経営の10年来の課題が解決

ここ10年来、「売上が伸び悩み赤字体質」だった会社。
従来の集客方法で、それまで1000人/年を集客していた事実。
ところがその3倍の3000人/年のお客様が、何の集客もせずに、
 お買い上げ頂いていていたことが判明!!

1000人にはコストを掛け、一生懸命集客し手間も掛けるのに
結局損益はトントン。
逆に3000人はほぼ集客コストゼロ、勝手に集まってきているのに、
見向きもせずフォローもしていなかったことに!!

投稿日:2016年11月12日 更新日:

Copyright© 和みがき経営_決算書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.