次の”一手”が次々に浮かぶ!

和みがき経営_決算書

知って分かって出来て使える

出来るだけではもったいない。使えなければ意味が無い!

知っているだけ、分かった気では、意味がありません。

出来てこそ初めて意味があります。「分かる」と「出来る」とでは違います。

  • 単なる知識を得るだけ(≒評論家)
  • 技能のレベルにまで高めること(≒実務家・ビジネスマン)

の違いです。

でも、こと会計や経営に関しては「出来る」だけではまだまだ不十分
なんです!使えなければ、全く意味が無い。

なぜか?

なぜならば、使えなければ、「利益」に繋がらないからです。

「使えて」初めて、儲けに繋がり、業績が向上します。
反対に、使えない「経営や会計」(=儲けを産まない)なんて
存在意義すらありません。

だからこそ、あなたは、知って・分かって・出来て、そして使えるよう
になる必要があります。

でも、それって大変ですよね?

とんでもなく長い時間と膨大な知識量、そして、それらを覚えたり
するための努力や研鑽も必要でしょ?
そんな専門家=会計士や経営コンサルタントになりたい訳ではないし・・・

と思ったあなた!

はい(笑)、わたしもそんなこと、露とも思っておりません。

なので、そのために「みらい会計メソッド」を創りました。

「みらい会計メソッド」では、30個のチャート(図・絵・グラフ)だけで、

会計から会社の経営まで全てを見通せるよう、
そんな“究極のメーター(計器)”を提供いたします。

30個の”メーター”の見方・読み方【だけ】を「知って分かって出来て」
そして「使える」ように、身に付け実践してもらえれば、と思っています。

30個のチャート?

30個も!?それ、多くないですか?
それに、それらを習得するのに結局、時間もかかるし、難しかったりと
大変そうじゃないですか?素人ですし。

・・・ですよね?でも、ご安心ください(笑)
========
例えば、車のメーターを思い描いてください。

車を運転する時に、あなたは”全ての”メーターを見て、運転しますか?

 

燃料計、速度計、距離計、ナビゲーションシステム、タコメーターetc。

さらには窓ガラスの先の、標識や地形など刻一刻と変わっていく景色。

それらをいつもいつも、全部を見て運転してますか?

 

「必要で重要な」メーターと外の状況などを“感じながら”、運転している
と思います。

========
だから、その時々で、あなたが「ん?」とか「これは!」と“感じた”、
「必要で重要な」チャートを使えれば良い、ということです。

 

経営とは例えて言うなら、

電灯の一切無い夜の山道をライトも付けずに高速で運転
しているようなものです。

・・・めちゃくちゃ、怖いですよね?もうすぐにでもブレーキを踏みます!

でも、実際の経営では、大丈夫!大丈夫!!と言って、走っていく社長も
多いのではないでしょうか?(苦笑)。

車にたとえると、絶対やらないことも、経営の場合にはやってしまいます・・・。

 

なので、目にも見える形で、30個のチャート(=メーター)を独自で厳選し
集めたり、足りないところは開発してきました。

そのメーターを見れば、曲がり角も分かるし、速度も分かるし、雨かどうかも
分かる。当然、ライトの代わりもしてくれます(笑)。

「いざ!」という時には、30個のチャートのどれかが必ず必要となります。






投稿日:2017年8月4日 更新日:

Copyright© 和みがき経営_決算書 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.